fashionを通していろいろ考えるblog

ファッションブログだけど、キャピっとしてないし、おしゃれではないです。

ブランドムック本が2週連続1、2位独占 その1

20日に発表されたオリコン本ランキングによると、

女性ファッションブランド「Cher」と「マークBY マーク ジェイコブス」

のブランドムックが、書籍総合部門で2週連続1、2位を獲得した。

今日の「ズームイン !!SUPER」によると、

ブランドムック本 とは、

ひとつのブランドを取り上げた本で、多くはそのブランドのオリジナル付録が付いている。

編集の権限・責任は出版社側にあるので、カタログではなくれっきとした出版物。

なんだそうだ。

街頭インタビューによると、圧倒的 付録目的買いコスモス だそうで、

1付録とは思えないクオリティーの高さと、

2店頭では手に入らない限定

が、若い女性を引き付けているんだとか。

2002年に雑誌などの規制みたいなのが緩和されたとかで、

(ちゃんと聞いてなかった・・・)

ファッション誌でも付録付きの雑誌が登場するように。

その蓄積されたノウハウで、

クオリティの高い付録(1)が作れるようになったんだそうな。

そう、作っているのは、そのブランドではなく、出版社側。

だから、店頭では手に入らない(2)、ということでした。

この付録というのが、ブランドのロゴやアイコンがでかでかと入っているものが多くて、

街で見かけると、目立つからか、けっこう持っている人が多いな~と感じる。

私なんかは、「あら、ブランドの宣伝してらっしゃる?」なんて思ってしまうのだけど。

そのブランドの本を買うくらいなのだから、

ロゴやアイコンまでも、当然愛してらっしゃるのでしょうなぁ。

ブランドは、不景気の時に強い、とは言いますが、

(どうせお金を払うなら失敗したくないから、ということらしい)

そんな背景も、この現象を後押しているのでしょうか。

とまあ、ブランドについて人が語る時、多くは皮肉を交え、

そういう私も、こんな文章書いてますが、

そうかと言って、私はブランド志向ではない、とはとても言いきれないのだ。

むしろ、

パッと見はわからないけど、靴を脱いだらわかる、くらいの、

ブランドだけど(しかも、まだそんなにメジャーではないくらいの)

をこれみよがしに持っていない感じが好きだったりする。

つまり、メディアが取り上げるほどメジャーになると嫌になってしまうという、

マイナー志向というか、単なるあまのじゃくズラ~

ロゴだってアイコンだって、それが広告か!と言われようが、

私はかわいいと思うんだからいいじゃん!

っていう乙女心もわからないでもない。

(企業デザイナーとしては、ただただ反発するだけじゃだめだよね。)

嫌よ嫌よも好きのうち。

「好き」の反対は「嫌い」ではなく、「興味がない」だよ、って友達も言ってたっけ。

有名ブランドのロゴに覆われたバッグで広告している、街ゆく彼女も、

その人を見て、あまのじゃくになっている私も、

ブランドに囚われているという意味では同じってことね。

ダウンランキングに参加しています。よかったらぽちっとしてくださいね。

人気ブログランキングへ

広告を非表示にする