fashionを通していろいろ考えるblog

ファッションブログだけど、キャピっとしてないし、おしゃれではないです。

スッキリ!!を見て、2009年の80'sスタイルを考える。

私の大好きな、「スッキリ!!」火曜日の名物コーナー、ドン小西のおしゃれコンシェルジュ

番組内容もさることながら、ドンさんの洋服も楽しみの1つ。おしゃれ道の1歩どころか、5歩くらい先を行くそのスタイル。さすが、コンシェルジュだけあって、いつもぶっ飛んだスタイルで登場してくれます。

だれもマネできません。てか、マネをしてはいけません。おしゃれ道の先を行く人は、スタイルだけではダメなのです。スタイルに負けない、強いキャラが必要なのです。私のような凡人は、そのエッセンスを頂戴するくらいにしておきましょう。

 

さて。

ドンさんがこの番組で連呼している今秋のトレンドが80’sで、私もすっかり洗脳されているわけですが、今回は、いつもの芸能人ファッションチェックの後、その80'sスタイルを用意してくれてました。が、そのスタイルを見て、私はなんだか、軽い違和感を覚えてしまいました。

それは、ドンさんらしい、5歩先を行くセンスだからというより、80'sをリアルタイムで経験しているからこその抜けきれない感が出ているからではないかと。それは、バブルの時代にイケイケだった人が、今もイケイケな感じを出しちゃってるときに感じる、あの残念な感情に似ています。

 

じゃあ、ドンさんも、私も連呼している80'sって、そもそもどんなんやねん!?(なぜ関西弁?)って話ですが、専門学校時代、「ファッションの歴史」的な授業で習った、うっすらとした記憶で言いますと、要は、"強い女性スタイル"だと思います。

だから、メンズライクなジャケットとか、スタッズがついた靴とか、強そうなアイテムがけっこう出ているよね。でも、そういうアイテムで全身そろえた80'sの強い女性像は、今の世の中では、怖い女になりかねやしないか、と。 80'sは遠い世界、記憶にない世代には、「80'sって、何か知ってるの!?」って、知ってる世代に言われちゃうくらいの、やんわりとした80's、ハズシ感が欲しいなぁ、と思うのです。

凡人のくせに、コンシェルジュに意見しちゃったわい。

 

↓2009年の80'sがよく分かりそう。

《ブログの更新情報他、いろいろ呟いてます》

広告を非表示にする