fashionを通していろいろ考えるblog

ファッションブログだけど、キャピっとしてないし、おしゃれではないです。

9月17日、ららぽーと新三郷がOPEN

今日放送のズームイン!!SUPERで特集されていました。

このららぽーとの特徴は、

1不況でも強いお店を誘致

ファッションブランドでは、「ユニクロ」「ZARA」、

あと、注目されていたのは、ショッピングモール初出店の「H&M」。

今季より、キッズラインを充実させてきたH&M側と、

目玉店舗を誘致したいららぽーと側の利益が一致したらしい。

千葉から来たという人がインタビューカラオケで言っていたけど、

子供服を買いに行くのに、電車地下鉄で都心へ出るよりも、

多少遠くても、車車で行けるほうが便利だよね。

2時間消費型のショッピングモール

「トーマスシアタートレイン」「よしもと遊べる水族館」など、

ただモノを買うだけでなく、子供と一緒に楽しむ時間を提供する施設を誘致。

3近隣施設との相乗効果

隣接地には「IKEA」と「コストコ」がすでに出店しており、

それぞれを巡回する無料バスバスも出るらしい。

だって。

この地域には、今年の5月にオープンした、「イオンレイクタウン」もあり、

両社の距離は、5キロほどしか離れていない。

イオンレイクタウンは、22万平方メートルという超巨大さに対し、

ららぽーと新三郷は、5万9000平方メートルと狭い。

しかし、店舗を厳選し、子供との時間を楽しく過ごせるような仕組みを作り、

近隣とタッグを組むことで、イオンレイクタウンと差別化を図っているみたい。

すごいな、ららぽーとアップ

確かに、あんまり広くても、疲れるだけだし、

そのうち、決まったところにしか行かなくなるもんねー。

完全に、私たちのような30代ファミリー層の心をがっちりグーつかみにきてますね。

ダウンランキングに参加しています。よかったらぽちっとしてくださいね。

人気ブログランキングへ
広告を非表示にする