fashionを通していろいろ考えるblog

ファッションブログだけど、キャピっとしてないし、おしゃれではないです。

スパッツとレギンスの違いって?

先日、子どもの予防接種注射のために区役所へ。

何地区か合同で行われたため、

区役所は子どもとお母さん(たまに、旦那様とおばあちゃん)で

わんさかわんさかDASH!しておりました。

こういう同年代の人が集まっていると、

やりたくなるのがファッションチェッーク人差し指

だよね~。(私だけ?)

子どもの体温を測りながら、まわりをきょろきょろ目

列に並びながら、斜め前のお母さんの格好をチェック目

おぬしはここに何しに来たんだい?、と

自分で自分にツッコミおいっ、を入れつつ、観察観察~オペラグラス

で、気になった(とっても多かった)のが、

ジーンズデニムのショートパンツ+スパッツくつという組み合わせ。

今なら、レギンスって言うべきなんだけど、

いんや、あれはスパッツだな。

スパッツとレギンスなんて、結局のところ同じものなんだけど、

レギンスの方がキラキラ今っぽいキラキラ言い方。

その今っぽさって何だろうねぇ~?

スパッツレギンスの違いについて考えてみました。

スパッツと呼ばれていたころのものは、

カットソーのような生地で、透け感はなくフラットでマットな素材感。

素材やデザインのバリエーションはあまりなく、どこのを買っても同じ印象。

レギンスは、レース地やラメ入り、光沢のものなどなどバリエーション豊富ですが、

ベーシックなものは、タイツっぽいやや薄手のものが主流に感じます。

レギンスの方が、よりぴたーっタコさんと肌に吸いつく感じ。

コーディネートも、

防寒だったり、脚を隠すためだったり、実用性だとスパッツ的なのに対し、

レギンスは、デザインや色で魅せるためにはく、おしゃれだからはく感じ。

という2点の仮説をたて、再びまわりを眺めてみると、

確かに、区役所ママのはマットでフラットな素材感ですメモ

トレンカをはいている人もいますが、こちらはぴったりしていてレギンス的。

コーディネートも、デニムのショートパンツとの組み合わせは、

脚を隠す実用性を感じますメモ

しかも、この組み合わせは、

スパッツと呼ばれていたころに最も見られたコーディネート。

デニムのショートパンツのようなベーシックアイテムと合わせると、

スパッツかレギンスか、トレンドか否かが際立ってしまう気がします。

デニムのショートパンツには、ぜひレギンスをキスマーク

しかも、みなさん、揃いも揃って色はです!

レギンス、もしくはタイツのカラーの人はいますが、

スパッツ感のあるカラーの方はいらっしゃいません。

私の勝手な検証により、

宝石ブルーもたっとした生地感&実用的なコーディネート宝石ブルーだとスパッツ的だ

ということが分かりました!

ありがとう、区役所ママたちありがとう(男)

・・・そういうおまえはどうなんだむかっ!という声が聞こえてきそうですが、

着替えをした後に、今日が予防接種だと気がついたため、

カーディガン+Tシャツ+スキニージーンズという、

おしゃれっ気ゼロの普段着だよ。テヘおじぎ

広告を非表示にする