fashionを通していろいろ考えるblog

ファッションブログだけど、キャピっとしてないし、おしゃれではないです。

森ガール、日本全国浸透中

10月18日のアメーバニュース から、一部抜粋。

ミクシィのコミュニティで盛り上がり、今や一般的な言葉としても使用されている

「森にいそうな女の子」、通称“森ガール”。

この森ガールには

「ゆるい感じのワンピースが好き」

「北欧系ファッションに興味津々」

「ポシェットとかつい使ってしまう」

「カメラ片手に散歩をするんぼが好き」

といった数多くの定義があり、これに多く当てはまった女性を指す。

全国のブロガーたちにも勿論この言葉は浸透しており、キーワードを検索すると、

・森ガールの定義にぴったり。本当に森に住もうかしら。 ・大阪で開催されたロハスのイベントにも参加して、気分はすっかり森ガール。 ・森ガールを目指して、水玉のワンピ買っちゃった!

といったコメントが多数発見できた。

私が「木ガール」という言葉を知ったのは今年の8月。

(そのときの記事 →「森ガール」なイメージの女性有名人ランキング

先週、東海地方で放送されてる、ローカル情報番組でも取り上げられていたし、

この前行ったららぽーと磐田(その時のレポはこちら →名古屋人にとってのららぽーと磐田

でも、入り口に「森ガール」と書いてあった靴屋さんが繁盛しているのを見て、

「こんなところまで広がってきているってことは、

森ガールって、すでに一般的な言葉なのかしらん。」と思っていた矢先の、このニュース。

“森ガール”は、時代の流れを押さえているうえ、

イメージしやすいことから多くの人に受け入れられているようだ。

って書いてあるけど、今だからそういう人が増えてきたというよりは、

元々、そういう人たちはいた気がする。

『「セクハラ」にしろ「ストーカー」にしろ「ひきこもり」にしろ、

言葉が発明されたことによって、急にその現象が目立つ』というのは、

おばさん未満本を書かれた酒井順子さんの言葉ですが、

森ガールもまさしくコレ。

森ガール」ファッションは、

一つ一つの商品はそんなにパンチ力があるわけではないから、

誰もがマネしやすい、一見、簡単そうに見えるファッションかもしれないけど、

コレ、簡単なようで、かなり高度なファッションだと思いまっせsei

例えば、ギャル系セレブ系といったスタイルは、

今だったら、レースジレとか、クラッシュジーンズとか、1つのアイテムが強いから、

一見、着こなすのが難しいようだけど、あとはベーシックでもサマになる。

対して、森ガールを含むナチュラル系は、

1つ1つの商品はそんなにクセがあるわけでもないから、

どんなアイテムを選ぶかというよりも、どういうコーディネートをするかが大事。

そこに、「すこしクセのあるファッションキラキラ」を加えたのが森ガール。

そのクセのポイントは、

ゆるい、柔らかいという雰囲気だったり、ふわっ、もこっといった触感だったり、

とーっても感覚的。

どのアイテムをどうコーディネートするのか、というバランス感と、

森ガールがゆえの一ひねりをどう表現するか、というセンス

まぁ、どういうファッションにおいても、この2点は大事だと思うけど、

1つ1つのアイテムではなく、コーディネートで表現しなければいけない森ガールは、

とりわけ大事なんじゃないかな、と思うのです。

メモ森ガール 安易に飛びつくと 痛い目に

  クセ出さないと 手抜きファッション      

  acornパンダ心の短歌

広告を非表示にする