fashionを通していろいろ考えるblog

ファッションブログだけど、キャピっとしてないし、おしゃれではないです。

ママデザイナーの手

今年の仕事納めを迎え、冬休み。

11月に復帰して2ヶ月間、

時間と戦いつつ、周りに協力してもらって、

主婦業、ママ業、そしてお仕事してきました。

やること、やりたいことが増えても、1日24時間という時間はゆるぎない事実。

仲間が仕事に追われているのに、先へ帰るもどかしさ。

甘える娘にかまってやりたいのに、相手してあげられない歯痒さ。

どれも完璧にはできないことは、最初から分かっていたけど、

それをジレンマに感じることは何度もあった。

それでも、私はやっぱりママデザイナーの道を選びたいと思う。

てか、それが私にとっての日常であり、あたりまえなことなの。

ママでありたいし、仕事もしていたいもの。

もちろん、それには多くの人の理解と協力があってのこと。

私が私でいられるのは、そんな方々のおかげです。

ありがとう。

キャップをしめようとしたら、ずれちゃって手に付いた赤ペン。

まだ乾いてないのに触っちゃった修正液。

いもの皮むいて包丁で切っちゃったり、鍋のふたでやけどしたり。

(見えないところに、ペンでメモした商品番号と、新しい紙で切った傷も)

ママFashion × 子Fashion ~名古屋よりデニムに愛を込めて~ 私の手には、新米ママデザイナーの称号がいっぱいだー。

雑誌に出てくるような、スマートでカッコいいワーキングマザーには程遠いけど、

やっぱり、働けてよかった。ありがとう。

広告を非表示にする