fashionを通していろいろ考えるblog

ファッションブログだけど、キャピっとしてないし、おしゃれではないです。

ファストファッションの新勢力

今日のズームイン!!SUPERで放送されたニュース。

(以下、ズームイン!!SUPERのサイトより引用しています。)

H&M、FOREVER21を代表に、

日本に次々と上陸した、海外ブランドのファストファッション。 そんな海外ファストファッションに迎え撃つべく、

ファストファッション業態を立ち上げる日本ブランドが続々登場しています。 そんな中、新たにファストファッションに参戦するのは、激安の殿堂「ドン・キホーテ

ファストファッション業界の安さ実現の秘密をトコトン追究します!

日本のファストファッションの流れとして紹介されたのが、

AZUL by moussy」と「FREE'S MART

「AZUL by moussy」は、

mozo、ららぽーと磐田、ららぽーと新三郷、越谷レイクタウンなどなど、

最近できたショッピングモールには、必ずと言っていいほど出店しているし、

(新三郷のショップは、かなり広かった!)

「FREE'S MART」は、

すでにおしゃれブロガーさん御用達ブランドになっております。

そんな中、新たに参戦したのが、

680円ジーンズ で話題になった、激安の殿堂ドンキホーテ

「TOKYO COVER GIRL」というブランドで、

トータルコーディネートできる3点セットを3980円で販売。

袋の表紙は、モデルさんがその服を着ている写真が載せてあり、

まわりは文字で飾られ、まるで雑誌の表紙のようなつくり。

この商品を作っているのが、

マイケルジャクソンのスタイリングも手がけたことがあるという、

元スタイリストの方。

ドンキホーテに中途入社し、1人でやっているそう。

デザイン出しは、渋谷や原宿で路上チェック。

その場で、ノートにペンでスケッチをし、ネタを集める。

その後、コーディネートを考え、中国へサンプルを発注。

ときには、現地で買い付けることも。

その買い付け現場の1つとして、

広州市の虎門富民(フーモンフーミン)という、

アパレル商品がずらーっと並ぶ市場が紹介されていました。

(これと似たような風景、出張で見たことあるわ・・・。)

サンプルは1週間ほどで完成し、

モデルの子に着せたりして微修正を加え、店頭へ。

この期間、デザイン出しからわずか3週間。

大事なのはスピード感。

いかに、今流行っているものを、すぐ作るかが勝負、なんだって。

ファストファッションというキーワードは、

確かに今のファッション業界の大きな流れではあるけれど、

AZUL by moussyやFREE'S MARTとドンキホーテを一緒にするのはどうかと・・・。

でも、アパレル会社でないからこそ、

固定観念にとらわれずにモノ作りができるというのは、

今の時代、強みとなるのかもしれませんね。

広告を非表示にする