fashionを通していろいろ考えるblog

ファッションブログだけど、キャピっとしてないし、おしゃれではないです。

東方神起効果で『JJ』バカ売れ

アメーバニュースから。

http://news.ameba.jp/hl/2010/01/55949.html

以下、引用です。

東方神起が表紙を飾った女性ファッション誌『JJ3月号』(光文社)が

即日完売になり、増刷することが本誌取材で明らかになった。

創刊35周年を迎えた同誌で

男性グループとしては初となる表紙を飾った東方神起

発売前から話題を集めていたが、

「社内でも在庫がない状態」(光文社関係者)と

即日完売に版元関係者も驚きを隠せない様子だ。

相次ぐ完売に一部大型書店では「JJは完売しました」と

POP(店内広告)を出すなどして対応。

そのためヤフーオークションでは、

早くも4000円を超えるプレミア価格で取引がされている状態だ。 しかし今月末には増刷分が店頭に並ぶと予想されている。

ファッション誌の表紙は、

その出来上がりが売り上げに大きく影響を与える、雑誌の

最近のファッション誌の表紙は、

その雑誌に登場するモデルか、

(CanCan、AneCanOggあたりはこっち派)

時代を象徴するアイコンか、

(ViVi、Sweetなどはこっち派)

だいたい、その2パターンで、

流れとしては、2番目の時代のアイコン派

多くなってきていると感じています。

ちょうどアムロちゃんがヴィダルサスーンのCMに起用され、

アルバム「PLAY」が大ヒットした2007年、

何月号かは忘れたけど、

もー、本屋のファッション誌コーナーは、

ここにもアムロちゃん、あそこにもアムロちゃん状態で、

私としては、この現象はいかがなものかモヤモヤ、と思ったものです。

目を引かせようと思った結果、逆に埋もれてしまう、というのは、

トレンド先取りした結果、みんなが着ていてユニフォーム化、みたいな、

今のファッションともリンクしているようで、

不況なのに飽和状態のおしゃれ産業の閉塞感を感じずにはいられません。

そういう意味では、JJ、突き抜けちゃったね!

女子校に赴任した、男子先生みたいな存在感だよね()。

多分、雑誌関係者の間では、賛否両論だろうし、

社内でもかなり賛否あったんじゃないかなー。

とりあえず、売れたモン勝ち!みたいな発想は好きではないんだけど、

私は、そのぶち破った感に拍手したいぐぅ~

まー、でも、このテクニックは何回も使えるモノじゃないから、

やっぱり中身で勝負しないとね。

これからのJJ、要チェックです。

広告を非表示にする