fashionを通していろいろ考えるblog

ファッションブログだけど、キャピっとしてないし、おしゃれではないです。

読書進化論 / 勝間和代

私は、いわゆる「カツマー」ではないのですが、

勝間和代さんの「読書進化論」という本を持ってます。

なぜにこれを買ったのか、全く記憶がございませんがsao☆

今の私には、この本は必要ないので、

ブックオフあたりにでも売りにいこうかと思って、

再度読み返してみました。

全体的には、私にはあまりピンとこなかったのですが、

部分的にひっかっかったセンテンスがあったので、

ここに記しておこうと思います。

『読書進化論』 勝間和代

(以下、この本より引用しています。)

・「努力が報われる環境」を自分自身でどのように作っていくかということを、

 本から学び取ってきたと思います。  

・売れそうな本は、表紙でわかることもあります。

 おおざっぱに言うと、定番的な要素とどこか新しさが組み合わさった本に

 私は注目しています。

・自分が今まで体験してきたことに対して、

 「ことば」のラベルをつけてもらえると、すごくうれしいと感じます。

 

 自分が経てきた経験で、もやもやとしていることや、 もう少し知りたいなと思っていることが、

 きれいにことばやフレームワークになって、整理されて出てくるかどうかで、

 本を読んだときに(=著者と会話をしたときに)、ああよかった、という

 体験につながるようなイメージです。

・難しいことはわかりやすく、わかりやすいことは面白く、面白いことは深く

・書く努力の5倍、売る努力をする

広告を非表示にする