fashionを通していろいろ考えるblog

ファッションブログだけど、キャピっとしてないし、おしゃれではないです。

「エチカの鏡」 / ホメテクブーム

3月14日放送の「エチカの鏡」で、

「ホメテクブーム」の特集をしていた寝ながらTV

「ホメテク」とは「ほめるテクニック」のこと。

不況の今だからこそ、叱りとばすのではなく、ほめて育てる、

という考え方になっているのだそう。

日経ビジネスAssocieで、

フリーアナウンサー梶原しげるさんが

詳しく書かれているので、

見てない方、見たけどもう一度おさらいしたい方は、こちらで。

日経ビジネスAssocie

http://www.nikkeibp.co.jp/article/nba/20100316/216104/?P=1

「ほめる」ことにポイントやコツがあるのは分かるけど、

それを練習したり、勉強したりするのはどうなの~!?

という感想は、まあ、この際横へ置いておこう。よいしょ。

それよりも、私、

「旦那や子供をほめることで、自分が幸せになる!」

という感じの編集に

うん悩む

と思ったんだよね。

自分のために、人をほめるのか?

そりゃ、

旦那や子供がやる気になって、

最終的には給料が上がった!とか、成績上がった!とか、

そうなったら、自分も幸せってことなんだろうけど、

そこが目的になってしまっては、

どんなテクニック学んだとて、伝わりゃしないよね。

「気持ちがこもってる、思わず口に出てしまった」ほめ言葉、と

「ほめようと思ってから、出てきた」ほめ言葉、

その違いは、聞いてすぐ判断つくし、

後者は、あ、そうですか、って感じで、心に全然響かない。

そもそも、

会社の部下に対して、「ほめて伸ばす」テクニックを知りたい、

ならわかるけど、

自分の家族に対して、ほめれないってどうなのかねぇ?

私は、旦那様も子供も、

尊敬するところ、すごいなあと思うところがあるから、

それを、フツーに伝えてるだけ。

そこに照れとか気負いはなくて、

会話の一部にしかすぎないと思うんだけどなぁ。

タモリさんが、番組内で

「俺は、人にほめられると、この人の真意はなんだろうかと考えちゃいますね」

と言っていたけれど、

わかるーパンダ。私もそう思うタイプ。

会社の上司とか、ショップの店員さんとかあたりにほめられても、

ほぼ疑ってかかってますね。←ヤな奴一休のパンダ

さらに、

「美人にけちょんけちょんに叱られたい!」

とも言ってたけど、

その気持ちもわかる。

いや、私は美人に叱られたいワケではなくて。

尊敬する人に、ダメだしされたいですね~。

そして、

あ~、確かに、私、ここダメだわ~。

って思いたい。

だって、「ほめる」は相手にも利益があることだけど、

(だって、ほめてくれた人は、イイ人に見えるでしょ?)

「叱る」は、叱った人の利益ゼロだよ。

しかも、けっこうエネルギー使うしね。

この年になると、

しかられる機会もなかなかないからこそ、

そして、「ホメブーム」なんて言われているご時世だからこそ、

しかってくれる人は、とても貴重で、ありがたいと思います。

そして、ほめられるなら、

そういう人にほめられたいですね~。

広告を非表示にする