fashionを通していろいろ考えるblog

ファッションブログだけど、キャピっとしてないし、おしゃれではないです。

トレンドパンツ、チノパンの分析

私、ボトムはパンツ派ですパンダ

秋冬は、

ショーパン+タイツやトレンカで過ごし、

春には、ブリーチデニムを買いました。

ショーパン+タイツはもう卒業したいけど、

まだ、ショーパン1枚ではくには早すぎるし、

しかし、ブリーチデニムだけってのもなぁ、

うーん。

という、パンツ派の方に、新たなトレンドがきましたね!

以前もちらっと書きましたが(→ )、チノパンです。

チノパンのチノは、元々軍服用の綾織り生地のことで、

チノパンとは、チノ生地を使ったパンツのことをいうのですが、

チノ素材かどうかよりも、

ベージュスラックスタイプのパンツ、というのが、

今、チノパンと呼ばれているもののようです。

ウエストにタックの入った、テーパードシルエット、

大人Look!s夏号 チノパン  MORE 6月号 チノパン (左から、大人Look!s夏号、MORE 6月号より)

が多く出ていますね。

表面もつるっとした仕上げをしていて、きれい目にはく感じ。

プレッピー、もしくは、トラッドな着こなしが似合いそう。

写真が2枚とも、チェックシャツとのコーディネート、というのも、

意識したわけではないのですが、そういう傾向という表れかと。

個人的には、ボトムはもう少しカジュアルな方が好きなので、

裾をゆるっと巻いた、ボーイフレンドシルエットタイプのものがいいかな。

GLAMOURS 6月号 AG ボーイフレンドチノパン

(GLAMOURS 6月号より)

AGのチノは、さすがジーンズブランドだけあって、

洗い加工やクラッシュがされていて、

全体的に、カジュアル仕上げになっていました。

ここ最近の傾向のひとつとして、

おじさんアイテム、もしくはA-BOY(って今も言うのかしらん?)アイテムが

トレンドになっているように思います。

去年の秋冬は、チェックのネルシャツ、

今春はダンガリーシャツ、そして、今回のチノパン。

ちょっとダサい、が逆にかっこいい、

見慣れたアイテムだけど、持っていない、

という、ダサベーシックな感じが、

今の空気感を表しているのかな、と思っています。

広告を非表示にする