fashionを通していろいろ考えるblog

ファッションブログだけど、キャピっとしてないし、おしゃれではないです。

この秋、D&G発信のトレンド、ノルディック柄

8月に入ったことですし、

そろそろ本格的に秋物トレンドについて書こうと思います。

その年のトレンドの方向性を決める、

代表的存在のプレタポルテコレクション。 今は、ストリートやブログといった、

消費者発信のトレンドの勢力が強くなってはいますが、

やはり、コレクション発信のトレンドも見逃せません。

その中でも、アパレル各社が注目しているのは、

ここ数年、まるで日本のヤング市場をターゲットとしているかのような

コレクションをしているD&G。 春のトレンドだった、

ダンガリーシャツ+白のレーススカートのスタイル 、 発信源は、

ママデザイナーのファッショントレンドうんちく論 ママデザイナーのファッショントレンドうんちく論 D&Gの春夏コレクションでした。

D&Gがコレクションで出していなくとも、

この春に、日本の市場でダンガリーシャツやレーススカートが出てくる要素は

確かにあったと思う。

でも、D&Gが取り上げたことによって、

爆発的ヒットにつながったのは間違いありません。

というように、

D&Gのコレクションがシーズン立ち上がりのトレンドに及ぼす影響は

とても大きいのです。

そして、今シーズン、

D&Gが秋冬コレクションで打ち出したトレンドの1つ、 ママデザイナーのファッショントレンドうんちく論 ママデザイナーのファッショントレンドうんちく論 ママデザイナーのファッショントレンドうんちく論 ノルディック柄。 セーター、マフラー、レッグウォーマーなどのニットアイテムは

ほとんどすべてに雪柄だったり、トナカイだったり、

ノルディックな柄が編まれています。

スカートやワンピースは、シフォン素材ですが、

ニットと同じノルディック柄をプリントしてあります。

日本では、セールと並行して、秋物の新作も出てきていますが、 さっそくノルディック柄もたくさん提案されてます。

個人的には、

数年前にギャルの間でカウチンニットが流行っていた記憶もあり、

大人の市場では、そのままではなかなか難しいかな、と。

各社、どうアレンジして、日本のマーケットにアピールしていくのか、

見守っていきたいと思います。

広告を非表示にする