fashionを通していろいろ考えるblog

ファッションブログだけど、キャピっとしてないし、おしゃれではないです。

ウエディングドレス、作ったよ。

9月23日は、私たちの結婚記念日です。

そして、4年前に着たこのウエディングドレスは、 ママデザイナーのファッショントレンドうんちく論 自分で作りましたー。

中学生の頃から豪語していた

「自分のウエディングドレスを作る!」というセリフ、

まわりのみんなは

叶うといいねくらいの「夢」だと思っていたに違いないが、

私にとっては、実行する「目標」でありました。

とはいえ。

専門学校ではドレス作りを学んだわけでもなく、

その専門学校ですら、あまりマジメでなかった生徒だったりして、

ドレス作りは、超ド素人。

でも、昔から作るって言ってたし!

手作りって言ったら、多少のアラも、見逃してもらえるっしょ!

と、もう勢いとノリと気持ちで作りました。

一応、デザイン画を描いてみたりするあたり、

デザイナーっぽかったりはする。

ママデザイナーのファッショントレンドうんちく論 (でも、デザイン画、チョー苦手。ハンガーイラストの方が好き。)

一応、デザイン画を元に、材料を探し、パターンを作り、

このデザイン画から約半年後、 ママデザイナーのファッショントレンドうんちく論 無事に完成しましたー。

・・・なんて、

ウエディングドレスを作る過程を、たった数文字で表現しましたが、

まぁ、その半年間は、すさまじく大変だったし、すさまじく忙しかった。

まず、材料を仕入れるも、私にはそんなツテはなく、

ネットで探したり、手芸屋さんを巡ったり。

スカートのパターンは、まー、でかい。

溝のあるフローリングの床に紙を広げて、

穴があかないよーに注意しながらパターンひいたり。

おまけに、

招待状やら、ウエルカムボードやら、

手作りできるものは、すべて手作り。

それに、

式場よりも、一緒に暮らすおうちを先に見つけちゃったので、

引っ越しもしなくちゃだったし、

それからは、毎日家事もしなくちゃだったし。

もちろん、仕事も。

その頃は8時9時まで残業当たり前だったし。

最後は、

Jちゃんが泊まりこみでビーズ付け手伝ってくれたり、

Fさんにも、アイロンやらまつりやらしてもらって、

旦那様にも裾上げを、おかんにボタン付けをしてもらって、

式の2週間前にようやく完成したのでした。(危ねー。)

こんな大作、人生で最初で最後。 もう2度と作りません・・・。

広告を非表示にする