fashionを通していろいろ考えるblog

ファッションブログだけど、キャピっとしてないし、おしゃれではないです。

出会っちゃった!!!

今年はスカート って言ってたのにもかかわらず、 ブラックジーンズ

ブラックジーンズ買いました。

ユーズド感があるけど、カジュアルすぎない黒のベーシックパンツ、実はずーっと探してたんですよね。

 

ヒゲやサンドブラストのように見える陰影は、 箔プリントのユーズド感

箔プリント。

普通、ヒゲやサンドブラストというのは、 表面を削って色を落とすから、その部分が白っぽくなります。これがカジュアルな印象を与える、1番の要因。

それをキラキラしすぎない、ブラックシルバーのプリントで表現してあるので、 カジュアルすぎない、かっこいい陰影ができています。

 

あとは、なんといっても、シルエットと素材感。

今は、ストレッチの効いた、スキニーパンツばかりで、 ふとももは太いから太ももって言うのよ!と思っている私は、スキニーが苦手なので、半ば諦めかけてたところでした。

 

このシルエットは、広がらず細からず、のストレート。

広がらず細からずのストレートシルエット

以前、太ももが気になる人はノンストレッチがいい、と書きましたが、 これは、太もものムッチリ感を拾わない、微ストレッチ。 最近、デニムといえば、アバクロのノンストレッチジーンズ しかはいてなかったので、微ストレッチでも、ずいぶんはきやすく感じました。

 

見た瞬間、 やっべー、出会っちゃった!と運命を感じ、 はいて更に、運命の出会いを再認識。

こりゃ、買うしかないでしょ!

 

しかし。

たたんであるジーンズを広げてすぐ店員さんに声をかけられ、そのまま試着室へ直行してしまったので、ここまで、タグとか値札とか、一切見ずにきてしまいました。

店員さんのいない、試着室でこっそりチェックです。

 

まず、ブランドを確認しよう、そうしよう。

RiVET&BLUE(リベットアンドブルー)

RiVET&BLUE(リベットアンドブルー)は、『H.P.FRANCE 』(アッシュ・ペー・フランス)が手がけるデニムブランド。「インポートデニムでは作れないものを、自分たちの手で作る」をコンセプトに、H.P.Fの企画力とネットワークを生かしたモノ作りをしているんだそうです。

 

なるほど。

確かに、他のRiVET&BLUEの商品 を見ても、インポートデニムっぽくない、いい意味で無骨な匂いがします。

 

で、値札も見てみました。

うん。予想通り、予算大幅クリアです。(このセリフ、営業マンなら優秀社員。)

 

来月で、産休復帰から1年だから、1周年記念、ということにしておこう。

そうしよう。

広告を非表示にする