fashionを通していろいろ考えるblog

ファッションブログだけど、キャピっとしてないし、おしゃれではないです。

ピーコート vs ダッフルコート

ウールコート祭り 、第3弾。

ウールコートの中でも、

早い時期から、トレンドとして言われていたのが、

ピーコートダッフルコート

最近、辞書づいている私、

ピーコートとダッフルコートもさっそく調べてみた。

ピーコート【pea coat】

イギリス海軍の艦上用コートから一般化した、

ダブル・ブレスト型のショート・コート。

大きめのリーファー・カラーと、マフ・ポケット、

錨をあしらった大きなボタンが特徴。

「ピー」はもともと生地の名で、

現在では主にネイビーブルーのメルトン地が使われる。

ダッフルコート【duffle coat】

フードとトッグル・フロントとよばれるトッグル・ボタンの付いた

独特の前合わせを特徴とする厚手ウール地のコート。

もっとも基本的で伝統的なコートのひとつ。

ダッフルというのは

もとはベルギーアントワープ近郊の町の名前であると共に、

そこで織られていた生地の名称でもある。

元来は北欧の漁師たちが用いていたが、

第2次世界大戦中にイギリス海軍が採用したところから、

戦後になって急速に一般化した。

こうやって調べてみると、

軍服から一般化した服って、すごく多いですね。

チノパン もそうだし、

ミリタリーパンツ、カーゴスキニー なんて、まさにそう。

そして、ピーコートもダッフルコートも。

軍服って、機能性を考慮して、行きついたデザインだから

(ピーコートがダブルブレストなのは、

船上に吹く寒い風が入ってこないように、

風向きによって、合わせの向きを変えるため、らしいです。)

ある意味完成形で、はずれがない。

だから一般化され、定番と呼ばれるようになる。

ここ数年、定番アイテムがトレンド化する傾向がありますね。

トレンチコートしかり、ダンガリーシャツしかり、チノパンしかり。

ピーコートやダッフルコートも、

その流れにのったアイテムといえるでしょうか。

個人的には、ピーコートを狙っています。

ダッフルもかわいいけど、キャラを選ぶアイテムかなってね。

というわけで、

明日もピーコートな話が続きます。

*****************************************************

【関連記事】・・・ウールコート祭り

冬のコート祭、開催! (2010年11月19日)

ポンチョとケープとマントの違い (2010年11月22日)

今期欲しいファーその3、袖ファーコート。 (2010年11月29日)

*****************************************************

広告を非表示にする