fashionを通していろいろ考えるblog

ファッションブログだけど、キャピっとしてないし、おしゃれではないです。

本にもなった話題の温泉地といえば。

今年の夏休みは、

私の両親の実家、愛媛県へ帰省します。

(おとんもおかんも同郷、

というか、同じ中学校出身なのです。)

祖父母は、もう母方の祖母しかおりませんが、

両家の親戚がたーくさんいるので、

↓この子をお披露目してきます。

ブルーベリーヨーグルトを食べて、ご満悦の娘

(ブルーベリーヨーグルトを食べて、ご満悦の娘。)

大型連休は、どうしても旦那様の実家に帰ることが多いので、

トツギーノの身なので。)

3歳目前にして、ようやく初お披露目です。

でもその前に、九州へ寄り道。

福岡に住む友人に会いに行って、

フェリーで愛媛入りします。

「この道のりの途中、どっか行きたいとこある?」

と旦那様に聞かれ、

私は、「黒川温泉!」と即答しました。

私は九州マニアでもなければ、

温泉好きでもないのですが、

黒川温泉に、一度行って見たかった。

というわけで、

旦那様は攻略本を買い、

るるぶ 湯布院 黒川 別府 阿蘇

今回はるるぶ

私は、この本を買いました。

黒川温泉のドン 後藤哲也の再生の法則

「黒川温泉のドン 後藤哲也の再生の法則」

私がこの本を知ったのは、

あるメルマガで、この本を紹介していたからでした。

黒川という小さな小さな温泉地が、

全国区になるまでの、改革をまとめた本。

そのメルマガを読んだのは、4~5年前でしょうか、

本は買わなかったものの、すごく印象に残っていて、

いつか、黒川温泉に行ってみたい、

そう思ってました。

もう少しで読み終わります。

旦那様には、るるぶで道案内をガイドしてもらい、

私は、この本で知った黒川温泉の改革を、

この目で見てこようと思います。

いや、道案内は、この子に頼もうかな。

るるぶの地図を熟読中の娘

(るるぶの地図を、熟読中の娘。)

(なんか、「ここを曲がって~」とか言ってるしー笑)

黒川温泉、楽しみです。

というわけで、

夏休みは更新できないですが、

今、必死こいて書き貯めしています。

さすがに、お休み中の1週間分は無理だと思いますが、

できるだけ更新を滞らせないようにがんばりまっせ。

なんてったって、「達成」の金星人 だかんねー。

広告を非表示にする