fashionを通していろいろ考えるblog

ファッションブログだけど、キャピっとしてないし、おしゃれではないです。

本格的に秋物を買う前に。

以前もちろっと書きましたが

今シーズンは物欲がかなーり刺激を受けまくりで、

欲しいものがたくさんあるのです。

そう思う反面、

物欲に任せて、欲しいものを買う、というのも、

これまた、ちょっと違うかも、

という思いもまた、あるのです。

もちろん、

ファッション大好きだし、お洋服大好きだし、

ファッションにおいて、

トレンドは大事な要素の1つ、という思いは変わらないけど、

必要なものを必要なだけ、欲しいなぁ、

と、とりわけ今シーズンは思うのです。

トレンド情報の整理も大事だけど、

いや、トレンドの情報がある程度把握できてきたからこそ、

お買い物に走る前に、

クローゼットの棚卸しだな、と。

手持ちの服を見直しつつ、

もちろん、着られないものは捨てて、

何を足したらいいのか、

考えながら整頓してみました。

残念ながら、私の元を離れることになった洋服たちは、

近所の古着屋さんへ。

ついでに、本の整頓もし、

これらは、ブックオフへ・・・、

と思っていたら、

近所のブックオフは、古着屋さんになってました!

確かに、数年前までは、

近所には一軒もなかった古着屋さんが、ここ数年で3軒もできたし、

(あ、また見つけたから4軒か。)

栄にも、一見、普通のショップだけど、

実は古着屋さん、というお店が何件かあって、

なんだか、

急に古着屋さんが増えた印象はあったのですが、

全国的な流れのようですね。

『週間ダイヤモンド』のサイトで、

こんな記事を見つけました。

お金をかけないのがオシャレ?

若い女性が「古着」を選ぶ理由

http://diamond.jp/articles/-/13750

この記事を簡単に要約すると、

不況下における低価格志向と、

ブランドの垣根を越えてセルフコーディネートできる

というのが、若者が感じる古着屋さんの魅力、であり、

古着屋さんらしからぬ、おしゃれさを打ち出した店舗の増加で、

古着に対する抵抗感が薄れているので、

今後もまだまだ伸びる可能性のある市場だ。

というところでしょうか。

この記事には書かれていませんが、

最近の若者は倹約志向で、

新しいものを買うことに抵抗がある、

という傾向があるらしいので、

そのことも、古着屋さんが好調な理由かもしれません。

私は、売ってばかりで、

古着屋さんで洋服を買ったことはありませんが、

若者が古着屋さんで服を買う、

その気持ちは、

今の私の気持ちと近いものがあるような気がします。

欲しいものを買うのではなく、

必要なものを買おう。

今季のスローガンにしようと思います。

広告を非表示にする