fashionを通していろいろ考えるblog

ファッションブログだけど、キャピっとしてないし、おしゃれではないです。

クラシックを演出する、今年顔スカート

先日のチェックパンツのコーデの時にも

感じてましたが、

トレンドがクラシックなのに、

綿中心のカジュアルボトムが多いので、

今年は綿じゃないボトムが欲しいですねー。

候補その1が、スカート。

今シーズンのボトムはスカート!

しかも、ひざ丈!と連呼してきましたが、

店頭の動きは、

・・・どうやら期待されていたほど、

動いてはないみたいですねー。

やはり、着こなすのが難しいからなぁ。

特に、30代以上の人が着ると、

ぐっと老け込む危険性もはらんでるし。

しかし、そんな

期待されたほど売れてないトレンド、という存在は、

あまり人とかぶらずに、今っぽさが出せる、

という点で、個人的に大好物だったりします。

今シーズン買うなら、

やっぱりトラッドな雰囲気を出せるものかな。

とりわけ注目株なのが、

プリーツスカート。

ギャル系、グラマラス系は、

Jilky(ジルキー) プリーツスカート

DOUBLE HEART より)

クラシックな女優スタイルの得意な、

海外ブロガー風のテイストでの提案が多いですね。

シックなオレンジが今っぽいこの写真のは、

Jilky(ジルキー)のです。

カジュアル系、ナチュラル系は、

W closet プリーツスカート

WEARS INC. より)

クラシックというより、レトロなイメージ。

トラッド寄りなコーディネートで。

W closetのもオレンジなのは、

やっぱり、今シーズンのトレンドカラーだからでしょうね。

たまたま選んだのがオレンジだっただけで、

偶然といえば偶然ですけど、

ある意味、必然とも言える。

シフォンやジョーゼット素材の、

てろんとしたセットプリーツスカートは好きなのだけれども、

この手のプリーツは、

骨盤がっちりな私には、シルエットが崩れてかっちょ悪い。

いくつか試着したけれど、

やっぱり似合わんのですよねー。

私がプリーツ買うなら、これかなぁ。

araara(アラアラ)のプリーツスカート

Crouka より)

araara(アラアラ)のプリーツスカート。

綿/ポリエステルのかっちり素材。

プリーツはきちんと折りたたまれているし、

裾が広がっているなだらかなAライン。

ケツでかな私には、こういうタイプの方が似合う。

このプリーツスカートの色展開にも、

やっぱりオレンジ、入ってます。

そして、プリーツじゃないけど気になってるのが、

ツイードのスカート。

sabena(サベナ)のコクーンスカート ツイード

Crouka より)

Stola(ストラ)のリボン付きスカート シェットランドツイード

アシュレ より)

上はカラフルな糸を編みこんだツイードが印象的な、

sabena(サベナ)のコクーンスカート。

下は、シェットランドツイードを使った、

Stola(ストラ)のリボン付きスカートです。

ツイードという素材は、

伝統のある生地ですので、

それだけで、クラシカルなイメージ。

秋冬になると、必ず出てくる生地ではありますが、

今シーズンは、いつも以上に気になる存在です。

ツイードスカートというのは、

コンサバ、下手するとおばはんに転びがちなアイテムですが、

変形タックにしたり、

リボンを付けたり、

この2つはデザインが凝っているので、

品良く、なおかつ、おしゃれに着こなせそうです。

広告を非表示にする