fashionを通していろいろ考えるblog

ファッションブログだけど、キャピっとしてないし、おしゃれではないです。

大人っぽく着る、ダッフルコート

先日予告しました、ウールコート祭り

第1回はダッフルコートをピックアップ。

トレンドとはいえ、そのまま着ると、

子供っぽくなりがちなダッフルコート。

コートは、

品質の良し悪しが分かりやすいアイテムなだけに、

大人っぽく、を意識するなら、

安っぽいものは、NG。

というのは、

ダッフルに限らず、コート選びの基本。

そして、いいものを、

つまり高いものを買おうと思うと、

やっぱり、

ベーシックがいいかしらん、

なーんて思いがちだけど、

あまりにも、

基本に忠実なダッフルコートは、

忠実すぎるがゆえ、

ダッフルの子供っぽさが抜け切れてないものが多いので、

注意が必要です。

そこを逆手に、

コーディネートでおもしろく、

というのも素敵ですけど、

かなり上級者テクニックだわねー。

シルエット、ディテールなどなど、

やはり、多少なりとも、

大人向けアレンジが加わったものがいいと思います。

というわけで、

以上の観点から見て、私がいいなぁと思うダッフルコートは、

なんと言っても、ショート丈!

トレンチコートが、進化系トレンチ として、

さまざまなシルエットで登場したのと同じように、

ダッフルコートも、

シルエット変化のものが出ています。

その中でも、ダッフルらしさと今っぽさ、

そして、

大人っぽさも出せるショート丈が、一押し。

いわゆる定番のダッフルコートは、

ミドル丈~ロング丈がベーシックだと思いますが、

ボトムがあらわになるショート丈は、

ダッフルのイメージだけに引っ張られすぎないので、

大人ボトムと合わせれば、

程よい感じになるかと。

もちろん、

ショーパンにもプリーツスカートにも合うけれど、

個人的には、

ワイドパンツとか、マキシスカートとか、

ダッフルのイメージにとらわれない、

大人ボトムを合わせたいです。

セレクトショップ ムー ROSEBUD ショート ダッフルコート

セレクトショップ ムー より)

ROSE BUDで取り扱いのある、

FIDELITY(フィデリティー)のショート丈ダッフルコート。

そもそも、FIDERITYは、

ウールのアウターが得意な、

「made in USA」にこだわる、ボストンの老舗メーカー。

ミリタリー系も得意なので、

一般的には、メンズの方が有名のようですね。

FIDELITYのゆるぎない商品力に、

時代の空気を捕らえるのが上手なROSE BUDのアレンジが加わった、

なんとも魅力的な、ダッフルコートです。

昨年のピーコート の時も、

ROSE BUD/FIDELITYのコラボ商品をピックアップしましたが、

今年もますます注目大なブランドです。

Crouka london tradition(ロンドントラディション) ショート丈ダッフルコート

Crouka より)

london tradition(ロンドントラディション)の

ショート丈ダッフル。

こちらは、ロンドン郊外に工場を持つ、

老舗のファクトリーブランドです。

有名セレクトショップでも取り扱いがあるので、

ご存知の方も多いかな。

共に、ダッフルコートに関しては、

プロ中のプロ、こだわりを持ったブランドから出ている、

今どきアレンジのダッフルコート、

というのがいいですよね。

広告を非表示にする