fashionを通していろいろ考えるblog

ファッションブログだけど、キャピっとしてないし、おしゃれではないです。

今期のニットキーワード、その2:オフタートル

今期のニットシリーズ、その2はオフタートル

トレンドという観点で言うと、しばらくぶりなタートルニット。昨年から、少しずつ見かけるようになったと感じてましたが、今季は、ますます増えているなぁ、という印象。ニットのロングスヌードを2重巻きにするスタイルだったり、ストールは垂らすのではなく、ぐるぐるに巻くスタイルだったり、首元にボリュームを出す、というのが、今っぽいバランスなので、オフタートルも、その流れを汲んでいるのかな、と個人的には思っています。

トップスはゆったりと、ボトムはすっきりと、というのが、今のシルエットの基本ですので、タートル部分もゆるっと、身頃もゆるっとしたタイプが気になります。

 

ママデザイナーのファッショントレンドうんちく論

Crouka より)

mizuiro ind.(ミズイロインド)のオフタートルは、レーヨン/ナイロン/綿/ウール/カシミヤ/アンゴラという、怒涛の6者混素材。○者混という、複数の素材を使用するのは、素材のメリットを引き出しつつ、逆に、デメリットを軽減する効果があるから。

例えば、カシミヤやアンゴラは、風合いがいいけれど、強度が弱く、なにより高価。他の素材と使用することで、風合いは生かしつつ、強度が増すので、取り扱いやすくなります。こんだけ混ざっていると、何をどう狙って使用されているのか、ニットに詳しくない私には、正直、よく分かりま千円~。

でも、ドルマンスリーブでビッグシルエット、しかもローゲージなのに、ふわっと軽やかな雰囲気があるのは、この素材使いのおかげかな、と思います。

 

 

ママデザイナーのファッショントレンドうんちく論

Arthur Fashion World より)

インポートブランドMinimo(ミニモ)のオフタートルは、アクリル/ナイロン/ウール/モヘアの4者混。いわゆるウール(羊毛)ではない毛、獣毛にも、毎年のトレンドがあり、今シーズンは、モヘアが注目 されています。毛足が長いので、ほわほわっとした見た目になるのが特徴。ファートレンドが、毛足の長いタイプになっている のと、同じ方向性を感じます。

 

 

ママデザイナーのファッショントレンドうんちく論

アジェンダ より)

Dude(デュード)のオフタートルは、レーヨン/ウール/アンゴラ/カシミアの4者混。こちらは、ハイゲージでドレープ感があります。上の2つは、ローゲージでほっこり感がある(でも、いい素材を使用しているので、軽やか)タイプですが、ハイゲージは、きれい色を付けたものがいいですね。発色のいいピンクが素敵です。

トップスはラグジュアリー素材なニットでゆったりと、ボトムはコーティングなどの変わり素材で

ぴしっと!という大人スタイル、目指したいですねー。

 

 

***********************************************************

【関連記事】・・・今期のニットキーワードシリーズ

今期のニットキーワード、その1:太ボーダー (2012年11月14日)

【続】今期のニットキーワード、その1:太ボーダー (2012年11月16日)

***********************************************************

FeedlyTwitterでブログの更新情報を受け取れます。

follow us in feedly

 

《今期のニットに関する関連記事》

今期のニットキーワード、その1:太ボーダー

《ブログの更新情報他、いろいろ呟いてます》

広告を非表示にする