読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fashionを通していろいろ考えるblog

ファッションブログだけど、キャピっとしてないし、おしゃれではないです。

復興3年目。

子育て中心の生活を送っていると、

ただでさえ縁遠くなっていたテレビが、

ますます遠い存在になっていましたが、

最近は、意識して見るようにしていました。

東日本大震災から2年が経ち、

メディアが再び

特集を組んでくれるようになったからです。

3回目の3月11日を迎えた時も、

このブログで震災について、書くかどうか、

迷いがありました。

地震の被害でいうと、

実際の被害者じゃないから、

原発のことでいうと、

専門家じゃないから、

そうでない自分の意見なんて、

しかも、ファッションメインのこのブログで、

あえて発信する必要なんて

ないんじゃないか。

2011年は迷いつつ、

その迷いを出しながら、記事を書きました。

2012年は、あえてやめました。

そして、2013年、

それでもやっぱり、

書いておこうと思いました。

難しい問題だからこそ、

いろんな人がいろんな意見を持っているからこそ、

専門家ではない、

直接の被害者ではない、

2人の幼い娘を持つ母親という立場からの意見

というものも、あってもいいんじゃないか、

そう思ったからです。

そして、私たちが生きていく上で、

震災について考え、見守り、行動する必要が、

この先もずーっとあると思うからです。

「忘れられるのが怖い。」

被災地の方から、

そんな声を聞きます。

震災関連のニュースが

多くなっている今は、

みんな考え、思いを寄せたりして

いるだろうけど、

それが落ち着いた頃は、どうなのか、と。

仕事や家事や育児や自分磨き・・・、

人はみんな忙しい。

忙しさに飲まれると、

余裕がなくなって、まわりが見えなくなって、

確かに、考える時間がなくなってしまいます。

でも、もし、被災した方が、

このブログを見ていたら、

それでも、やっぱり、みんな、

決して忘れることなんか、ないんです、

と伝えたい。

例えば、台風がきたら、

津波の恐ろしさは、

こんなもんじゃなかっただろうな、とか、

桜が咲いたら、

東北にももうすぐ春がくるんだな、とか、

そうやって、日々のちょっとした風景に、

震災のこと、東北のことが、

頭をよぎったりするのです。

それは、お互い忙しくて

疎遠になってるけど、

大切な友人のことを

思うような感じに近い。

「忘れない」って、きっと、

そういうことじゃないかな、

と思います。

非力な一般人の立ち位置から、

直接被災していない部外者の立ち位置から、

震災前の日常を取り戻せるように、

サポートをしていきたいと思います。

だから、震災から2年、ではなく、

復興3年目。

この節目の1日を、

そう呼びたいと思います。

震災で亡くなった方の

ご冥福をお祈りします。

そして、2000人以上の

未だ行方不明の方々が、

1日でも早くご家族の元へと

戻れますように。

広告を非表示にする