fashionを通していろいろ考えるblog

ファッションブログだけど、キャピっとしてないし、おしゃれではないです。

夢と希望のどんぐりペンギン

日本人は、ペンギンが好きである。(そうでもない人もいる、という意見はあえてスルーするー。)

野性のペンギンは南半球にしかいないが、北半球にはもちろん飼育されているペンギンがいる。

日本には11~12種、約2500羽が飼育されており、世界中の飼育されているペンギンの4分の1を占め、世界最大のペンギン飼育大国になっている。

 

日本におけるペンギン|ペンギンの達人

 どこの水族館どころか、動物園にも大概いる。長崎ペンギン水族館なんていう、ペンギンメインの水族館だって存在するんだから、やっぱり日本人はペンギンが好きだ。

 

そして、日本人はどんぐりが好きである。(そうでもない人もいる、という意見はやっぱりあえてスルーするー。)

小さい頃はとりあえず拾いまくったし、大人になってからも見かけるとほっこりする存在。春の桜と秋のどんぐりは、日本の豊かな四季の象徴である。

 

日本人な私は、ペンギンもどんぐりも大好き。夢は全国の水族館めぐりで、ブロガー名のacornは、英語でどんぐりだったりします。

 

 

という前置きはこれぐらいにしておいて。

  

先日アップした人生でやりたい100のリストの中に、

20:どんぐりペンギンを18種類作る、というものがあります。

 

どんぐりペンギンとは、どんぐりで作ったペンギンのことです(そのまんま)。100均で買った色画用紙を切り切り、のりでペタペタ貼り貼り。黒ペンで瞳を入れたら完成です。

f:id:acornfashion:20140402000853j:plain

左から、

キングペンギン(顔横がオレンジなのが特徴)、

ジェンツーペンギン(ターバンのような白い帯模様が特徴)、

コウテイペンギン(南極に住むペンギン最大種)、

アデリーペンギン(いかにもペンギンらしい白黒ツートンカラー)です。

 

 

秋にどんぐりを拾い、冬のひきこもり期にペンギン化し、春を迎えたらなんと、コウテイペンギンから芽が出てきました・・・。

どうやら、茹でたり干したりという下処理が必要なんだそうな。そうしないと虫が出てくることもあるらしい。ひえー。芽でよかった。

 

ちまちまとした作業をするのは、結構至福の時だったりします。無心で作業に没頭すると、夕飯の献立の悩みやら仕事のストレスやらから一時の間、解放されるんですよね・・・。

アタマがぽっこりカラになる。その体験がしたくて、私はちまちまとモノ作りをしているのかもしれない。




広告を非表示にする