fashionを通していろいろ考えるblog

ファッションブログだけど、キャピっとしてないし、おしゃれではないです。

2013年、春のファッションキーワード:ムード編

そろそろ本格的に、2013年の春物の記事を、と思いますが、その前に「ムード」について書きたいと思います。

 

今回のタイトルにもある「ムード」とは、モノを買うときの価値観、基準、考え方という意味で使っていて、経済学っぽく言えば、消費行動とか、消費マインドとか言われる類のものかな?でも、このブログはファッションブログなので、あえての横文字で(笑)。

今まで、こういうのもすべて「トレンド」という言葉で表現してきましたが、コレクション情報や、リサーチで得た情報、という意味の「トレンド」とは、分けて把握したくて、あえてこういう言葉にしました。

 

産休に入って、業界を外から俯瞰視するようになって、ファッションとは何ぞや、みたいなことを、真面目に考えちゃったりしているわけですよ、私(笑)。別に経済学者になりたいわけでも、哲学者になりたいわけでもはなく、洋服を買う、というのも、一種の経済活動なわけで、単にいわゆる「トレンド」だけを追っていても、人々の心を掴むような商品は作れないよなぁ、と。そういう側面を、きちんと把握するために、言葉を分けて使いたいと思った次第であります。

 

ま、小難しい前置きはこれくらいにして、今の世の中&個人的に感じるムードの、大きなキーワードは、

賢い買い物から、センスある投資へ。

(どっかの証券会社のキャッチコピーみたいだな。)

 

2009年、4年前の記事で、

ユニクロは、四大百貨店より儲かってるんだって! - fashionを通していろいろ考えるblog

安くていいものを見極めて賢く買い物をし、「え!それ、ユニクロなの!?見えな~い!」と言われる着こなしができる人は、お金の使い方が上手な人であり、着こなし上手という評価を受ける時代。

と書きましたが、それも少し変わってきているかなあ、と。

(それにしても、この時期の文章のテンション、今見ると猛烈に恥ずかしいなぁ・・・。)

 

不況なのは相変わらずで、新しいモノを買うお金は限られているし、賢くお得な、の代表的カテゴリー、ファストファッションの勢いはまだまだ収まる気配はないけれども、賢く、お得にいろんなモノをゲットすることよりも、その限られたお金で、いかに満足できる買い物ができるか、お金の対価がモノそのものではなく、心の充足感になってきていると、そう感じているし、私自身もそういう気持ちが強くなっています。

 

そういうムードが、ファッションに及ぼす影響はどうか、続きます!

 

 

 

FeedlyTwitterでブログの更新情報を受け取れます。

follow us in feedly

 

  

《ブログの更新情報他、いろいろ呟いてます》

広告を非表示にする