fashionを通していろいろ考えるblog

ファッションブログだけど、キャピっとしてないし、おしゃれではないです。

イチゴの食べ比べ、続編

昨日の続き 、です。

私が買ってきたイチゴは、

愛知県産のあきひめ

愛知県産のあきひめ

そして、

福岡県産のあまおう

福岡県産のあまおう

あきひめ、2段になっていっぱい入っているのに対し、

あまおう、1段でスポンジまでひかれてます。

1パックあたりのお値段も、

あまおうの方が、1.7倍ほど高かったです。

さて、この値段の差は、どうでるか。

あきひめは、イチゴちゃん♪って感じ。

あきひめ

やや面長のスリム体型。

今どきっ子な風貌です。

あまおうは、その名の通り、王!って感じ。 あまおう

・・・って、ホントは違うんだよね。

「あ」かくて、「ま」るくて、「お」おきくて、「う」まいから、

あまおう。

葉っぱの付き方とか、かなりダイナミックで、

ずいぶん男性的なイチゴ。

ずーっと見てたら、ウンナンのナンチャンに見えてきました。

(ほら、お顔の凹凸具合が。)

まずは、あきひめを

あきひめを食べる娘

食べる。

ブサイク顔が写真に撮られても、

あきひめを食べる娘

気にせず食べる。

「イチゴ、おいちい♪」

あきひめを食べる娘

ご満悦の様子。

では次、あまおう行ってみよー。

・・・って、なぜ眺める?

あまおうを食べる娘

あ、やっぱりナンチャンに見える?

「ん・・・。」

あまおうを食べる娘

「ちゅっぱーい!」

あまおうを食べる娘

というわけで、

再びあきひめを食べる娘

あまおうは途中で放棄。

再び、あきひめを食べてました。

これ以来、あまおう食べてくれません。

あまおう、残念・・・。

あきひめは、糖度が高く、酸味は少ないので、

とっても食べやすいです。

味もイチゴちゃん♪って感じ。

あまおうも、確かに甘さはあるのです。

が、同じくらい酸味もある。

強い味。イチゴのくせに、ガツン系。

やっぱり娘には、

甘さが強いあきひめの方がいいようですね。

ちなみに、私も旦那様も、あきひめの方が好き。

安上がりな家族です。

おもしろかったので、

また別品種でイチゴの食べ比べ、してみようと思います。

次のターゲットイチゴは、とちおとめかな。

広告を非表示にする