fashionを通していろいろ考えるblog

ファッションブログだけど、キャピっとしてないし、おしゃれではないです。

Tシャツトレンド、その3 モダール素材

この夏のTシャツトレンドとして、 短丈Tシャツオパール加工 を取り上げてきましたが、 秋へと繋がる、Tシャツトレンド第3弾です。

まずは、商品から。

Sweet&Sheep の、

ママデザイナーのファッショントレンドうんちく論

秋を意識した色使いの無地Tシャツ。

LAブランド セレクトショップMuu で取り扱っている、 ママデザイナーのファッショントレンドうんちく論 DOUBLE STANDARD CLOTHING(ダブルスタンダードクロージング)の

レース&コサージュ付きTシャツ。

共に、暑い時期でも着られる、秋の新作商品です。

そして、先日買った、 ママデザイナーのファッショントレンドうんちく論 franche lippee(フランシュリッペ)のTシャツ

3つの共通点は、

ママデザイナーのファッショントレンドうんちく論 素材が、綿100%ではなくて、モダール混なこと。 モダールとは、

オーストリアのレンチング社が開発した、いわば進化系レーヨン。

元々、レーヨンは、高価な絹を人工的に作れないか、

ということで開発された素材ですが、

引っ張りに弱い、水洗いで縮む、など、欠点も多いため、

さまざまな改良版が作られていて、モダールもその1つ。

レーヨンの特徴である、

シルクのような光沢と柔らかな肌触りはもちろん、

モダールの最大の特徴は、

有害廃棄物を出さない、環境にやさしい製造工程であること、

そして、レーヨンよりは強度が増している、ということ。

エコの流れは、もちろんファッション界にも及んでいて、

オーガニックコットン、バンブーコットンなどのエコ素材は、

よく聞くようになりましたが、

最近は、特にモダールが注目素材のようですね。

この綿/モダール素材のカットソーが、

最近やたらと目につくので、取り上げてみました。

確かに、フランシュリッペのTシャツは、

さらっとしていて、肌触りはいいですよ。

綿100%より、とろみがある感じは、

大人Tシャツにうってつけの素材ですね。

広告を非表示にする