読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fashionを通していろいろ考えるblog

ファッションブログだけど、キャピっとしてないし、おしゃれではないです。

捨てることで見えてきた、パンツ選びのマイルール。

先日行ったパンツの整頓で残したパンツは、全部で12本。

 

無地4本

f:id:acornfashion:20150226123925j:plain

AG(エージー)のホワイトクロプトデニム

ZARA(ザラ)のネイビークロプトパンツ

ZARA(ザラ)のグレースキニーデニム

RiVET&BLUE(リベットアンドブルー)のブラック箔デニム

 

チェック4本&ストライプ1本

f:id:acornfashion:20150226123943j:plain

・coordi(コーディ)のグレンチェックサルエルパンツ

・サンプルの白黒ギンガムチェックパンツ

・ru jeans(アールユージーンズ)の茶系チェックワイドパンツ

ZARA(ザラ)の赤系チェックスキニーパンツ

ピンストライプのMOTTAINAI PANTS

 

ショーパン3本

f:id:acornfashion:20150226124000j:plain

・Sweet&Sheepのデニムショーパン

・サンプルのカーキブラウンショーパン

・サンプルのネイビーショーパン

 

 

 

対して、捨てたもの。

・グレーのデニムパンツ2本

・ミントグリーンのパンツ2本

・花柄パンツ数本

ブーツカットorワイドパンツのブルーデニム数本

・カーキのチノパン

・アバクロのクラッシュデニム etc・・・

 

まだ着れるし、もったいないなー、という典型的な捨てられない体質ですが、けっこう、ばっさりいきました。試着しては捨てる、試着しては残し、を繰り返していくうちに、そもそも自分が好むスタイルと、環境や年齢の変化で似合わなくなったものが、見えてきたからです。

 

 

 

 

ZARAのパンツはサイズに注意!

残したパンツ11本中、3本がZARA

ZARAのパンツは、大人トレンドに沿ったいい生地揃えてくるんですよねー。色味とかチェックの柄とかも、とっても上手。だから、ついつい買っちゃうのよ。(この、ついつい、が一番危険な購入パターン。)

でも、決定的な問題があって、どうも、私の体型に合わないんだな。ウエストに合わせると、太ももがパッツパツ、太ももに合わせると、ウエストがガッバガバ。(ダイエットに成功した人が、昔のパンツはいたみたいになる。)

 

ZARAは全世界同じ商品を販売してるから、(ラベルが各国言語の表示になってるもんね)昭和な日本人体型だと、合わない人多いんじゃないかなぁ。

 

 

生地とサイズ感が、パンツの肝。

捨てるか残すか迷ったのが、RiVET&BLUEのブラックデニム。黒のパンツが、てか、黒が似合わなくなってきました。肌の張りやボディーラインの緊張感がなくなったからかな、黒の強さに負けてしまう感じが出てきたんですよね。(黒の着こなしは、今後の課題です。)

でもこの生地感はやっぱり好きで、それに、サイズもぴったりなんですよね。そういうパンツは捨てられない。逆に言うと、そういうパンツだけを揃えたい!

 

 

男臭パンツは、おじさん化する。

似合わなくなって捨てたものは、カーキのチノパンと、クラッシュデニム。共に、綿100%のボーイフレンド型です。

ボーイフレンドは似合わない意識はあるので、選ぶ際も気を付けたし、自分でお直しもしました。でも、もうだめー。

シルエット、素材感、すべてがカジュアルで男臭のするパンツは、今の私が着ると、なんだかおじさんなの・・・!

 

 

色柄トレンドは「もって2年だな」。

まっさきにゴミ箱行きとなった、ミントグリーンのパンツと花柄パンツ。本当に自分が好きで、というよりは、トレンドが故に欲しい気分になったアイテムたち。分かってる、そんなの分かってる!と思って買いました(もらいました)が、やっぱり、着たい気分はもって2年だな。

トレンドと言われる中でも、やっぱり、色と柄は賞味期限が短いです。だから買わない、というわけでなくて、それを知った上で買えば、おのずと選び方が変わってくるハズ。肝に銘じておくことが大事。

 

 

厳選クローゼットが基準。

でも、トレンド商品がもつ魅力、いや、魔力は、なんとも抗いがたい。一気に垢抜け感が出て、簡単におしゃれに参加できる(おしゃれになる、んじゃなくて)んですよね。

でも、簡単だからこそ、すぐ没個性になる、すぐ飽きる・・・。でも、トレンドに対して、否定的に思ってるわけでもなくて、トレンドになったのがきっかけで、新しいマイ定番が見つかったりもするわけで。

マタニティーで買ったグリーンのパンツ、やっぱ今でも欲しいし、チェックパンツは揃えたというより、揃ってきた、という感じで、トレンドと気分で買ってたら、ェックパンツがマイ定番になったもんです。

今後出会うトレンドパンツがマイ定番に格上げされるかどうかは、この厳選クローゼットが基準です。このパンツの中に紛れても、色、柄、素材的に似ていないけれど、雰囲気的に違和感がなければ、マイ定番の可能性は、ぐっと高くなる。

 

 

 

 

残す、捨てるに限らず、一度試着する、というのは、すごく大事ですね。試着を通じて、パンツ選びのマイルールから、トレンドの捉え方、購入の基準まで、いろいろ考えることができました。

着れない服を前に悩んで溜息ついているなら、試着して、違和感覚えて、ばっさりさっぱり、捨てちゃってみてください。ファッション雑誌を見るよりも、よっぽど有益な情報が、自分の中から、自分のクローゼットから、得られると思いますよ。(捨てたことに後悔しても、責任はとれま千円。)

 

 

 

 

FeedlyTwitterでブログの更新情報を受け取れます。

follow us in feedly

 

 

《ブログの更新情報他、いろいろ呟いてます》

広告を非表示にする